So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

専門家のコラム

≪真珠の魅力≫

第7回『真珠のお手入れ』

花珠.jpg

店頭や展示会場など、さまざまな場面で真珠が販売されていますが、
お客さまから真珠のお手入れについてのご質問を受ける事がありますよね、
みなさんはどのようなご説明をされていますか?

一番よく耳にするのは「真珠は汗に弱いですから……」という言葉ではないでしょうか。
もちろん間違ってはいないのですが、お客さまは非常に誤解されているのではと感じています。
私がご説明する時は「真珠は汗に弱いというよりも、ほったらかしにされる事に一番弱いのです」
というお話をしています。

夏の暑い日に午前中から夜まで、真珠のネックレスを素肌に着けて、汗をかいていたとしても、
その段階では真珠表面にはほとんど変化は現れていません(真珠ってそんなに弱くないですよ)。
その状態からほったらかしにされ、ケースなどにしまわれる事が一番ダメージを受けるのです。
そのままケースの中に放置されると、時間の経過と共に、表面にこびり付いた汗や皮脂などが
真珠表面の結晶を溶かしてしまい、表面の肌荒れに繋がるのです(こうなるとほとんど回復出来ません)。

私は、真珠は素肌に着けていただくのが一番綺麗に見えると思っています。
しかし、お客様は「汗に弱いから……」と敬遠されがちです。ここが一番誤解されているところだと
感じています。
真珠は「身に着けたら拭く」というのが一番の基本です。すごく汗をかいた日などは、
タオルなど柔らかい布を真水で洗い、固く絞って真珠を包み込むようにして拭いて下さい。
それだけでほとんどの汗などはきれいになります。洋服の上に着けた場合はほこりを取る程度で十分ですが、留金近くがお首に直接触れている事が多いので、その際は後ろ側だけでも綺麗に拭きましょう。
また、定期的な糸替えがされていないと、強く拭きすぎて糸が切れてしまう事もあります。
糸替えのタイミングのチェックは、ネックレスの留金を外して片側を持ち、真珠を下側に軽く擦りながら
ぶら下げてみて下さい。珠と珠の間に真珠1個分ほど糸が見えていれば糸替えの合図です。

外出から帰ってメイク落としをされるのと同時に、真珠を簡単に拭いてあげる癖をつければ、
そんなに面倒な事ではないと思います。
真珠は夏場に敬遠されがちですが、薄着になる季節こそ素肌に着ける真珠は
ファッションのアクセントとしても最適ですし、何より女性を柔らかく美しく輝かせて見せてくれる
ジュエリーだと思います。
汗に弱いと思われがちですが、春夏こそ本当の真珠の出番ではないでしょうか。

nice!(0) 

ブラッシュアップ

<輝き続ける貴女の為に>

気品を身につけましょう。

気品は生まれつきのものではありません。
美人かどうかより、品のある女性の方に魅力的を感じますね。

お顔や体つきは、先天的な要素も強いのですが、
気品は貴女の心がけ次第で身につけてゆけるものです。
もちろん一朝一夕では無理ですが、毎日の小さな積み重ねで、必ず身に付くものです。

気品はその時々の状況判断がどれだけできるかという事です。
気品は知性ですね。
今自分がおかれている状況はどういう状況で、そのときにどういう立ち居振る舞いをしたら、
一番失礼がないか、気品を感じさせるか、優雅に見えるかという事を
その場その場で的確に判断できるかという事ですね。

周囲の方々との調和を心がけながら、気持ちの良い空気感を作っていけるように配慮しましょう。
“私が私が”の気持ちを抑えて、少し周りを冷静に見てゆく心のゆとりをもちましょう。

エレベーターやドアを入る時、他の人と同時になったら、なにげに譲りましょう。

さまざまな価値観を理解し、またご自分も美意識という一つの価値観をしっかり育てましょう。
またお金では買えない文化教養を磨きましょう。

ご家庭やその他自分なりのリフレッシュ法を工夫して、外出時にはできるだけ穏やかな心で
他の方と接するように致しましょう。

不景気なときは、お金だけがすべてだと思われるような風潮が見られますが、
時間のあるときにはぜひ、普段出来ないような自分磨きに精進致しましょう。
次にやってくる高い波に軽々と乗れますよ。


タナベアキコ

nice!(1) 

ブラッシュアップ

<心をひきつけるメイクアップ>

春は身も心も軽やかに、ウキウキしますね。


ajpmeiku0419-1.jpg



お肌も軽やかにしてみてはいかがでしょう。

冬のお肌は、寒さや乾燥からお肌を守るために、
いつもより角質層を厚くして、水分の蒸発を防ぎます。

そして、春を迎えるころには
お化粧のノリが悪い状態や、
化粧水がよく浸透しきれなかったり、
また吹き出物ができてみたりと
何らかのトラブルの原因になることもあります。

角質ケアをしてみましょう!!


次の方法がありますよ。

1)洗顔法
酵素やピーリング効果のある成分が入った洗顔で、
集中的に角質除去をする(ただし、こすり過ぎは禁物です)。

2)化粧水で
化粧水に、角質除去成分の含まれているものを使用して
毎日少しずつ角質除去をする。

現在の化粧品には、美白効果やアンチエイジング効果を期待する商品にも
角質ケア効果が含まれているものもあります。お店で確認しましょう。

何でもやり過ぎは禁物ですね。
角質除去をやりすぎると、赤ら顔になってしまったり、
肌表面がザラザラになってしまったりします。

今年はファッションも淡い色合いが人気です。
軽やかで透明感のあるメイクアップで上品な明るい笑顔で接客をしましょう。

タナベ アキコ

nice!(0) 

接客ノウハウと困ったときのQA

明日から役立つ接客ノウハウ!!

【販売の実際】
今回も前回に引き続いて変身効果が大いに期待でき、
チャレンジ精神が旺盛になるサマーシーズンにかけて需要が期待できる
イヤリング&ピアスの接客販売についてお話していきましょう。


●センスがいいお客様
ほめ言葉できっかけ作りが効果的。トレンド商品をお薦めすると同時にワンポイントアドバイス。

例『イヤリング(ピアス)のデザインが、三日月型のように左右のはっきりしたものの場合、時には左右入れ替えて装うと、ずいぶん感じが違って見えます。
曲線ラインを顔の輪郭に沿うように着けるとおとなしく見え、その逆は華やかに見えます。
とても個性的なデザインで、おしゃれな雰囲気ですから、お客様にピッタリです』


●ヘアスタイルのアドバイスもセールストークのポイント
例『髪型をシニヨンになさると、スイングタイプのイヤリングはずいぶんと感じが変わります。』
とお客様の髪を束ねるなど。


●めがね
最近はおしゃれのためにめがねをかけるお客様が増えているが、メタルフレームの場合、選ぶイヤリング(ピアス)の地金部分の色は、フレームが白系ならプラチナ、金系ならゴールドと合わせると落ち着く。

また、お客様から
『私の顔って何型かしら』
と質問を受けることがありますが、お客様に向かって、ストレートに顔型を言うのは禁物。
「ふくよか」「シャープ」「快活なイメージ」と言った間接的な表現をするのが大切です。

顔型別イヤジュエリーの選び方
1丸型   
子供っぽい印象を与えやすいので、シャープに見せるには直線的なデザインのドロップ型が効果的。
へアスタイルはトップにボリュームをもたせるとすっきり見えます。

2角型   
硬いイメージを与えやすいので、曲線使いのボタンタイプが効果的。
へアスタイルはウェーブを持った、曲線使いでやさしさを表現します。

3逆三角形
クールな印象を与えがちなため、ふっくらとしたボリューム感があるGタイプやドロップタイプおすすめ。
ヘアスタイルは顔全体をふんわりと包む感じか、あるいはシャープさをいっそう強調するピッタリおさえた
マニッシュなデザインのヘアスタイルが素敵です。

4卵型  
このタイプはどんなデザインでも似合うが、まとまりすぎておとなしくなりがちなため、動きを感じさせる流動的なデザインで華やかさを演出。
ヘアスタイルは思い切りショートにしてみるのもおすすめです。

   次回も引き続きイヤリング&ピアスです。お楽しみに!!!

nice!(0) 

誕生石

1月から12月までの各月にちなんだ宝石、
誕生石をご存知ですか?

今月と来月の誕生石について、
宝石にちなんだ言葉や言い伝えなどをご紹介します。

古くから装飾品として、そして護符としても
親しまれてきた誕生石の世界をお楽しみくだ
さい。

4月の誕生石 ダイヤモンド
4月ダイヤ縮小.jpg
硬  度:10
宝石言葉:清浄無垢

言い伝え:地球上で最も硬い物質。それを結婚指輪にすると、二人の愛の絆はダイヤモンドより硬くなるといわれています。全ての宝石の中で最高の“エネルギー”を持っている。日本人が初めてダイヤモンドを見つけたのは、1666年オランダ商人によって、しかし買い手がつかず持ち帰ったといわれます。

5月の誕生石 エメラルド
5月エメラルドOK.jpg
硬  度:7.5~8
宝石言葉:幸運・幸福

言い伝え: かつてエメラルドはビーナスに捧げられ、最愛の者の誠実さの証と、恋人たちに言い伝えられていました。また古代ローマ人は、エメラルドの緑色が目に及ぼす影響に関する医学的考察を行なっていたといわれます。

nice!(0) 

専門家のコラム

受け継がれるマーガレット王女のジュエリー

数年前、ロンドンのクリスティーズで英国王室の故マーガレット王女が
所有していたジュエリーのオークションがありました。

192点が出品され、中には王女が結婚式の時に使用したティアラなども含まれていました。

クリスティーズのカタログに目を通すと、一点一点には写真と説明が加えられ、
予想落札価格が示されています。

さらにマーガレット王女が身につけて、国内外の要人と会見している写真も掲載されています。
良く見ると若い時に着けていたジュエリーが20年、30年後の写真にも身に着けられて、
永く大切に使われていたのが分かります。

また王女自ら注文したジュエリーばかりでなく、受け継がれたジュエリーが多いのに気がつきます。
今から200年以上も前の指輪などは王室代々受け継がれてきた物だと思います。

その様な中にメアリー王妃が孫のマーガレット王女に送られたサファイヤのブローチがありました。
それには「愛するマーガレットへ 訪ねてくれた記念として」という日付入りの自筆のメモ書きが
ケースと共に添えられていました。
さりげなくいつまでも心に残るジュエリーの贈り方の好例です。
喜んで受け継がれたジュエリーは価値の高いジュエリーです。

長年の使用にも耐え、時代の流行にも左右されない、
宝石の装身具の本来あるべき姿ではないかと思います。

nice!(0) 

ブラッシュアップ

<輝き続ける貴女の為に>

新しい出会いの季節です。

入社、転勤、配置転換、転職など
これからまた新たによりよい人間関係を築き上げてまいりましょう。

まず大切な事はー
もちろんご挨拶ですよね

より親しみやすい、礼儀正しく安心しておつきあいが
できそうな方との印象は大切です。

表情にはにこやかな笑顔をー
そして、スマートなおじぎができるようになりましょう。

おじぎは、相手に敬意を表す具体的な表現方法です。


おじぎには3つの種類があります。
1)会釈
上半身を15度前に倒すおじぎです。
軽い挨拶として使い、会議室や応接室の入退室にはこの会釈をします。
廊下やエレベーターで出会う人への挨拶としても使います。
知らない方でも職場で会う方には、無視せず会釈をしましょう。

2)中礼
上半身を30度傾けるおじぎです。
お客さまの応対のとき、取引先へ訪問したときなどにはこの中礼を使います。
最も使用頻度が高いおじぎといえます。

3)最敬礼
上半身を45度倒し、深々と頭を下げる一番丁寧なおじぎです。
これは感謝や謝罪の気持ちを表すので、お礼やお詫びのときに使います。
ミスをして相手に謝罪をしているとき、
頭をぺこりと下げて「申し訳ありません」と言っても、
不誠実な印象を与えるだけです。
深々と頭を下げ、その気持ちを態度に表さないと相手には伝わらないのです。

おじぎひとつで社会人として、また仕事に対する意識がみえてくるのですね。

タナベ アキコ

nice!(0) 

スタッフ日記 [コロナ]

IMG_0571.JPG3月12日(金)、13日(土) 、池袋と目白の間にある自由学園「明日館」でリテール展示会を開催致しました。[ぴかぴか(新しい)]IMG_0568.JPGIMG_0534.JPGIMG_0566.JPG
帝国ホテルを設計した、フランク・ロイド・ライトと弟子の遠藤新の設計となる重要文化財に指定された素敵な空間でお天気にも恵まれ、総数59名の方にご来場者いただき2日間の展示会を無事終えることが出来ました。[晴れ]
今回お越しいただけなかった皆様も是非次回ご来場いただけると嬉しいです。[るんるん]

ブラッシュアップ

<心をひきつけるメイクアップ>

光、輝き、艶…春の大人メイクで

フレッシュな印象づくりを


透明感の中に上品な輝きを含んだグレイッシュなバイオレットに、
甘さを抑えたシェルピンクを添えたクリーンなアイメイク。


そこにシアータイプのローズ系リップが抜け感のある艶やかな印象をプラス。
テンダーピンクの頬は、高揚感を高めます。

1003メイク-1.jpg

1003メイク2-1.jpg

接客のノウハウと困ったときのQA

明日から役立つ接客ノウハウ!!

【販売の実際】
今回は、ジュエリーの中でも一番と言ってよいほど変身効果が期待できる
イヤリング&ピアス
について、お話していきたいと思います。

最も顔の近くに装うイヤリング&ピアスは、イメージチェンジの提案が効果的で、
特に春から夏にかけては、チャレンジ精神が旺盛になり、素肌感覚が強くなるので
需要が一番伸びます

顔に最も近いジュエリーだけに、顔型やメイクアップ、髪型とも密接な関係があります。
それだけに、お化粧をするような感じで選ぶのがベターです。
そして、着けなれてくると、メーキャップの一部としてなじんでくる点が他のアイテムと違うところです。

耳元に装うジュエリーの、ボディーでの不思議な存在感……この魅力をお客さまに大いにアピールしましょう。


それでは、まず最初にシルエットから。

1.ボタンタイプ → 耳たぶにピッタリとつく、フィット感のある形。
面を強調したデザインが多く、耳元の装いの基本といえるもの。
初めてのイヤリングやピアスを装う方には、自然な感じのボタンタイプが好まれます。

2.ドロップタイプ → 耳たぶから長く下がる形。ゆらゆら揺れるものはスイングタイプともいう。
イヤリング&ピアスの中で、最も華やかなイメージ。
宝石を使ったものはパーティーやフォーマル用として華やかに装い、
大振りなデザインのものは個性豊かにエスニック感覚で装います。
顔の輪郭から少し離れたところで縦の流れを強調するため、顔を細く見せる効果もあります。

3.Gタイプ → 耳たぶをぐるりと包み込む形。
前にも後ろにもデザインがあるので、どの角度から見ても美しいシルエットで、
比較的、縦の流れを強調したデザインになります。

イヤリング&ピアスのシルエットを、大きく3つに分けましたが、
素材や色、他に装うジュエリーとのバランスも考慮しながらアドバイスしていきましょう。
   
次回もイヤリング&ピアスです。お楽しみに!!!

nice!(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。